『私とは何か 「個人」から「分人」へ』 平野 啓一郎 (著)

本書をはじめ、いくつかの書籍やインタビューにおいて平野 啓一郎氏は「分人主義」という概念を提唱している。そして、僕はこの考え方が好きだし、救われている。

絶対的にいいものとして押し付けるものではないものの、この考え方に触れることで、心の持ちようが穏やかになる人もきっといると思うため、書評というよりは、「分人主義」というものついて記そうと思う。

プロフィールなどにも記載の通り、僕は、会社員として働くかたわら、ラブレター代筆屋としての活動もしている。ラブレター代筆というのは、文字通り、他者に成り代わり、ラブレターの文面を考える仕事(文字はご自身で書いていただくようにしているため、あくまでも内容を考えるまでが仕事)。

そして、ラブレター代筆の依頼者の方がよく漏らされる意見として、

「僕なんかがあの人に気持ちを伝えていいものか・・・」
「私などが想いを伝える権利などあるのでしょうか・・・」

といった形で、自分はそんな人間ではない、という自己否定の声がよく聞かれる。
そういう方には、こういう考え方がありますよ、という形で「分人主義」を紹介するようにしている。

そもそも、「分人主義」ってなに?という問いに答えておくと、「分人主義」とは、ざっくり簡単にいうと、「”本当の自分”って別に一つではないよね」という考え方のことだ。

もう少しかみ砕くと、ひとは多かれ少なかれ、接する相手によって見せる顔や言動が異なるものだ。職場で見せる顔、恋人に見せる顔、友達に見せる顔、色々な側面がある。
そしてまた、全部が全部お気に入りの自分ではなく、あの人に対してはいい感じなんだけど、あの人に対しては何だか悪い感じになっちゃうな、、となるのが一般的だろう。

この差が激しいと、他者からは「表裏がある」と揶揄され、自分自身では「本当の自分ってどれだろう・・・」と思い悩むことになる。

ここで「分人主義」が登場。

「本当の自分」は一つではなく、それぞれの人に対しての自分、職場の自分、恋人に対しての自分、友達に対しての自分、いい自分、悪い自分、全部が「本当の自分」とする考え方、それが「分人主義」というわけだ。

僕なぞは対人というものに対してあまり執着がなく(執着がなく、というと何だかかっこいい響きだが、正確には、無頓着)、人間関係でそこまで思い悩むこともないが、それでも、あの人に対しての自分はよくないな、変えなきゃな、と人並みに悩むことも過去にはあった。

だが、本書で「分人主義」という考え方に触れ、そういう悩みは消えた。

もちろん、あの人に対しての自分はよくないな、というのは依然としてあるが、それを改善しよう、何とかしよう、という気負いがなくなったという意味だ。

「あっちの自分はよくないけど、こっちの自分は好きだから、こっちの関係性をより深めよう」
「駄目な自分になっちゃう人はあきらめて、好きな自分を出せる人を増やせばいいや」と思えるようになった。

「本当の自分」が一人だと考えてしまうと、一人でも関係性がよくない人がいるとどうにかしなきゃ、と思ってしまうが、「どれもこれも本当の自分」と考えると、関係性がうまくいかない自分はあきらめて、いい自分を増やそう、と割り切ることができる。

だから、

「僕なんかがあの人に気持ちを伝えていいものか・・・」
「私などが想いを伝える権利などあるのでしょうか・・・」

と自己否定をする必要はない。
そういう人たちに、「分人主義」について話したのち、こう付け加える。

過去の自分や他者からの見られ方に捉われて「僕なんか」「私なんか」と考えてしまうと思うのだが、過去や他者が評価する「自分」と、自分の過去や容姿、性格に自信がないながらも、想いを寄せる人に何とか気持ちを伝えたいと願い、でも、自分ではどうしていいかわからず、藁をもつかむ気持ちでラブレター代筆屋なる得体の知れない人間に、勇気を持って、意思を持って、相談をし、何とか、自身を、今を、未来を変えようとする「自分」は別物である、と考えること。

もちろん、なかには訝し気な表情を浮かべる方もいるが、深く頷いてくださる方もいる。

腹落ちしていない人には、それ以上「分人主義」について話すことはしない。
ひとりの自分に捉われず、多くの側面を肯定するのが「分人主義」であるとするならば、
腹落ちしない、納得しないひとを肯定する。

それもまた、「分人主義」だと思うから。

 

小林 慎太郎

投稿者: 小林 慎太郎

1979 年東京都生まれ。立教大学社会学部卒。IT企業にて会社員として勤めるかたわら、自身の言葉や文字で想いを伝えることに対して苦手意識を持っている人を支援するため、ラブレター代筆、プレゼンテーション指導、スピーチライティングなどをサービスとして提供する<デンシンワークス>(dsworks.jp)を運営。 <著書>『ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。』(インプレス社)