「足の速いヤツが一番かっこいい」。日本人初の9秒台に思う。

2017年9月9日。東洋大の桐生祥秀選手が、日本選手初の9秒台となる9秒98を叩き出した。速報でその一報が流れてきた瞬間、僕は、「おおおお!」と叫んだ。

こう見えても(どうも見えてないと思うが)、高校時代、陸上部に所属をしていた。種目は100mと400m。9秒98という記録が、どれだけ凄いか、わかる程度には経験がある。

その後、記録を出したレースをネットで観て、鳥肌が立った。9秒台というタイムに対してもそうだが、後半の伸びに、しびれた。スタートダッシュを得意とする関西学院大学の多田修平選手に中盤まで遅れをとりながら、後半、黒人選手さながらの伸びで抜き去ったその走りに、見惚れた。

リオ五輪以降、日本の短距離界はかつてないほど賑わっていた。桐生選手だけではなく、山縣選手、多田選手、ケンブリッジ選手にサニブラウン選手と、9秒台を狙える選手が続々と現れたためだ。そして、最初に9秒台を出すとしたら、多田選手かな、と僕は思っていた。

陸上競技に限らず、欧米人に比べて体格で劣る日本人選手は、心・技・体でいうところの、「技」での勝負を求められる。100m走で云えば、スタートダッシュの技術が「技」にあたるだろう。その点で云うと、多田選手に利があると思ったのだ。

だが、違った。桐生選手は、堂々たる後半の伸び、つまり、「体」で9秒台を体現した(もちろん、伸びを生むためには技術的な裏打ちがあるわけだが)。そこが凄いと思ったし、そこが、なんとも誇らしかった。戦後、外国人レスラーと死闘を繰り広げた力道山を見る思いがした(力道山の闘いを見たことはないが・・・)。

 

話が少し逸れるが、僕は、陸上競技、短距離が好きだ。地区予選すら突破できない凡庸な選手だったが、それでも、短距離特有のシンプルさを僕は愛したし、今でも愛する。誰が一番速いか。ただ、それだけ。すごくよい。

自分で言うのもなんだが、高校の陸上部において、努力という点では、部内の誰よりも勝っていたと思う。毎日の練習に加え、朝早く来て、授業前にひとりでグラウンドをダッシュしていた。国内外の大会をビデオに録り、何度も何度も見直し、足や腕の動きなどを分析した。

それでも、体格や素質で勝る同期に、歯が立たなかった。悔しい、だとか、理不尽だな、だとか思ったことはない。「速くてかっこいいな・・・」と純粋に憧れた。

小学生時代、男子のモテるモテないは足の速さで決まる。それが、大人になるにつれ、事情は変わる。足の速さは隅に置かれ、頭の良さや、顔立ち、お金の有無、仕事のできるできないなど、モテる条件は複雑になってくる。

でも、38歳になった今でも、僕にとってのかっこいいヤツは、足の速いヤツだ。僕にとっての憧れは、足の速いヤツだ。自分が遅かった分だけ、走っても走っても届かなかった分だけ、その思いは強い。

だから、僕の中で、桐生選手は日本一かっこいいヤツだ。菅田将暉でもなく、小栗旬でもなく、岡田准一でもない。

足の速いヤツが、一番かっこいいんだ。

 

 

小林 慎太郎

投稿者: 小林 慎太郎

1979 年東京都生まれ。立教大学社会学部卒。IT企業にて役員を務めるかたわら、自身の言葉や文字で想いを伝えることに対して苦手意識を持っている人を支援するため、ラブレター代筆、プレゼンテーション指導、スピーチライティングなどをサービスとして提供する<デンシンワークス>(dsworks.jp)を運営。 <著書>『ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。』(インプレス社)