就活における服装が「どうでもいい」3つの理由

先日NHKの番組『就活応援TV』にて、「スカートじゃなきゃダメ」という企業や大学就職課が取り上げられ批判を浴びたようだが、学生さんの立場からすると、「スカートじゃなきゃダメ」と言われると、「あ、そうなんだ」と従ってしまうくらいに、就職活動における服装の位置づけというのは不透明にして絶対的なものとして捉えられているように感じる。

ということで、今回は、人事から見た就活における服装の位置づけというテーマで書こうと思う。

簡潔に言うと、「どうでもいい」。以上。ということになるのだが、それだけだと5PV(そのうち4PVは自分)くらいでこの記事が終わってしまうので、もう少し丁寧に書くことにする。「どうでもいい」には3つの理由がある。

●1つ目の「どうでもいい」
ほとんどの企業は面接を3回~4回実施する。これは学生さんを精度高く見極めるため、という目的でもあるのだが、もう一方で、面接官の視点を均質化するため、という目的もある。つまり、誰かひとりの偏った選考基準に寄らないようにするためだ。面接官と言っても人間なわけで、それぞれの趣味嗜好がある。中には、スカートの女の子は甘く採点をする面接官もいなくはないだろう。

だが、あらゆる年次、性別、部門、役職の人間を面接官として携わらせることで、スカートであるという点だけで内定まで進むことを防ぐことができる。また、面接官を2人1組、3人1組とすることで、スカート好きのAさんが「あの子は優秀だったがパンツスーツだったから落とそう」となっても、Bさんが「え?なんであの子を落とすんですか?いいじゃないですか」と不当な選考を防ぐこともできる。

私もそうだったが、学生さんの中には「面接何回やるんだよ・・・。いっつも同じ質問ばっかだし」「なんで学生1に対して面接官が3人もいるんだよ。圧迫?」と不満を感じる人もいることだろう。だが、それには上記のような理由があることを知ってもらえれば嬉しい。

●2つ目の「どうでもいい」
面接官にとって、少なくとも僕が面接官を務める時は、服装は加点要素でも、減点要素でも、何でもない。私の会社の場合、面接時の服装も特に規定をしていないため、スーツでも来る人もいれば、私服で来る人もいる。まちまち。スーツだからちゃんとしているな、という感想を抱くこともないし、私服だからちゃらちゃらしているな、という感想を抱くこともない。もちろん、スカートだからいいよね、ということもない。つまり、無。無のものに時間、神経を使うことは無駄でしかない。その意味で「どうでもいい」。

ただ、1つ言えることがあって、面接はスーツでお越しください、と決まりがある場合は、スーツがいいと思う。その場合、僕が面接官であれば、私服で来た人は落としてしまうかもしれない。それは、ルールはちゃんと守りましょう、ということではない。スーツって規定されてるけど、俺は個性的だし、ルールに縛られない人間だから私服で行っちゃうよ、というその感性がダサい。中目でスタバでMacしちゃうよ、というくらい受け入れがたい。一緒に働きたいな、とは思えない。まあ、これは一般論ではなく、あくまでも私の意見として・・・。

●3つ目の「どうでもいい」
幻冬舎の見城徹氏とサイバーエージェントの藤田晋氏の共著で『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』という本があるが、面接官もそうで、「学生が期待するほど見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない」。学生さんの人柄、能力、将来性をまるっと見極めることはできないが、服装の良し悪しで合否を判断してしまうほどに見ていなくはない。99%の面接官は、スーツじゃなきゃダメ、という判断はしない。
『就活応援TV』は、文字通りTVなので、際立った意見を採用したのだろう。「服装は、別に、どうでもいいですね」では番組にならない。

ということで、服装は「どうでもいい」。
それだと選択肢が多くて困る!〇〇がいいよ!と言ってくれ、ということであれば、リクルートスーツがいいよ!と答えておこう。組み合わせに迷う時間を削減できる。

そういうことで。
就活中の皆さんに幸あれ。

 

 

小林 慎太郎

投稿者: 小林 慎太郎

1979 年東京都生まれ。立教大学社会学部卒。IT企業にて会社員として勤めるかたわら、自身の言葉や文字で想いを伝えることに対して苦手意識を持っている人を支援するため、ラブレター代筆、プレゼンテーション指導、スピーチライティングなどをサービスとして提供する<デンシンワークス>(dsworks.jp)を運営。 <著書>『ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。』(インプレス社)