100通のラブレターを書いてみたけれど

約5年前からラブレター代筆の仕事をはじめ、先日に代筆件数100件を超えた。

「100」という数字だけ見ると随分と多い印象だが、5年間かかっているので、月換算だと1~2件に過ぎない。それに、毎月コンスタントに来ているわけではなく、4,5件まとめて来たと思ったら、3か月くらい何も来ない、ということもある。

だから、僕の実感としては、数多くやったな、というよりは、長くやってきたな、という方が正確だ。まさに、塵が積もり積もって100件になったという感じ。

「会社員をしながらするのは大変じゃないですか?」と問われることがあるが、特に大変と思うことはない。基本は会社員としての日々を過ごし、週末になれば家族と遊び、代筆の依頼が来たら、隙間をぬって依頼者と会い、手紙を書くだけ。生活のリズムが変わるほどのものではない。ラブレター代筆は、「仕事をする」「家族と遊ぶ」と同列の、日常だ。

冒頭に書いたように、100件という数字に大きな感慨はないが、ラブレター代筆をはじめてから本日の5年間までの日々には思うところがある。

父が新卒から40年近くを過ごしてきたテレビ局を定年退職し、母が病気を患い、僕は現在勤める会社にて取締役へと就任し、2人目の子供を授かったりもした。まさに、流されるように刻々と状況が変化していく。ひとつところに留まることはできないのだということを、否が応にも痛感させられた。何者かに「ここから出ていけ!歩け!」と言われている気がした。

そんな中、ラブレター代筆だけは、いつもと同じだった。いつものように、想いを伝えることに踏ん切りがつかない人、別れた彼氏・彼女への想いが断ち切れない人、とにかく誰かに相談したい人。そういった人たちからの依頼が、ぽつぽつと届き、こつこつと僕は書いた。

変化が迫られる中で、変わらないものがあるということはありがたかった。ラブレター代筆の仕事をしていたよかった、と思った。

はじめた当初は5年も続けると思っていなかった。1,2年もしたら終わりだろうと思っていた。
だが、最近、思う。もしかしたら、10年、20年、その先、死ぬまでやっているかもしれないな、と。
結構、この仕事が気に入っている。

 

 

小林 慎太郎

投稿者: 小林 慎太郎

1979 年東京都生まれ。立教大学社会学部卒。IT企業にて役員を務めるかたわら、自身の言葉や文字で想いを伝えることに対して苦手意識を持っている人を支援するため、ラブレター代筆、プレゼンテーション指導、スピーチライティングなどをサービスとして提供する<デンシンワークス>(dsworks.jp)を運営。 <著書>『ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。』(インプレス社)